カテゴリ:猫との引っ越し( 3 )

引っ越し費用、比較

5年前にパンダで
7月の閑散期利用
関西→四国に引っ越した時は35万円

内訳は
エアコン2台取り外し、取り付け
梱包係を2名
高いスポーツ用チャリンコを載せるのは拒否(別費用でヤマト宅急便で1万円くらい

但し開始時刻に2人揃って30分遅刻
9時半開始→14時半荷出し、
(内:荷造り係2名とも、お昼休憩をしっかり1時間取得

もちろん間に合わないので
「ほら、奥さんも手伝ってー」とな
……。
間に合わなそうなので、手伝いました(楽々パックの意味なし

反省点
梱包係は委託なので、パフォーマンスに差がある。
全員がプロじゃなくて、来る人もただのお片付け感覚で来ることもあるので、今後は不要だと確信




去年、青いので
2月末、ちょい繁忙期
四国→関西、全く同じ県に戻る。
エアコン2台取り付けのみ、一台陸送代込みで28万円
荷物はキングベッド1台からシングルベッド2台になったのと、キャットタワーが減ったくらい。
高いスポーツ用チャリンコも難なく積んでくれた。

マイナスポイント
いきなり来て『壁に養生することもなく』一言ある前に、一部が荷出しを開始。
当然、手持ちで持って行こうとした新居に使うオーダーカーテンなどの荷物も積まれてしまい、出せなくなったので寒い夜を過ごす羽目に。。
何度も言うけれど、
荷出しの際は壁などの養生は全くしてくれなかった!!

〝部屋一部屋分の積み残しあり〟
←後で郵送で送った分は支払って頂けたけれど、、、
うーん。。。

荷入れ時はテキパキと、養生もしてくれて、何も言うことなし。

行き帰りともに、
各自に人数分✖️1000円のお昼代をあげる(6千円
その他、お茶とスポーツドリンクを一本ずつ✖️人数分(数千円

反省点
15時に荷出し完了後、翌朝10時の荷入れのスケジュールがタイト過ぎて、キツかった(移動距離5時間ちょい
猫が引越しで興奮してしまい、捕獲に手間取った…
オットがポンコツ


うちの場合、
長距離移動は荷出し、荷入れの日にちの時差(距離によってだけど、2〜3日の差がある
ゆっくり到着するコンテナ引越しの方が良いと思った。

それと、今回初めて利用した陸送
急遽仕事の都合で、引越し後も前任地に戻って大役を担うことになってしまっていたため、オットは即Uターンしたので必要なかったかな。
四国からだと陸送はフェリー移動になるらしく、到着した時には海風の影響から、車体の汚れが著しかったし。
到着にも6日ほどかかったので、新任地の生活は事前に契約して居たカーシェアを頻繁に使ったので、余計な出費があった。

しかし行き帰りで荷物はそんなに減った訳でもないのに、引越し会社によって差があるな…って。


うちの場合、ほぼ持ち出しなので安いに越したことはない 訳で。
今後は県をまたぐような引越しはコンテナ引越しをだいいちこうほにいれたい


[PR]
by meifana | 2018-01-05 07:34 | 猫との引っ越し | Comments(0)

サバイバル引越し 任務完了

転居、完了
家族全員、無事に。

遠距離だったのもあり、やっぱりタイトなスケジュール。
前日夕方近くまでの荷出しして、翌日早くからの荷受けは本当キツイの一言。
大体殆どの場合、新幹線や飛行機などの最短の移動時間の交通機関を利用するみたいだけども
(プラス、前日は荷出し後にホテル泊か赴任先でホテル泊になるのが常のようですが、
なんて言ったって動物が居る!
しかも高齢だし、心配なので車移動の一択のみ。

運転手のワタクシが、夜通し運転しました。。
(いやー、田舎の高速道路は片側1車線の対面な上、外灯が無くて真っ暗だから運転し辛いの
先月は貰い事故があって、もう恐々。

夜に着いて暖房のない新居でセラミックファンと電気毛布を手荷物して、持ち込んで、夜明かし。
窓からの冷気を防ぎたくて事前に買ったカーテンは…
何と!!
間違って引越し業者さんに荷物と一緒に運び込まれちゃって寒々。
(勝手に来て一声もなく、どんどん荷物を積まれて行ってしまったのです

もう、こんな移動時間のかかる、寒い部屋で夜明かしするサバイバルお引越しはまっぴらごめんだわー!!


[PR]
by meifana | 2017-03-04 22:51 | 猫との引っ越し | Comments(3)

動物は家族

そう信じて疑いません。

このブログを始めた…7、8?年前は転勤族になるだなんて思わなくて、
今の街に赴任が決まってペット可の物件探しをしたり、どうやってペット連れさんは引っ越ししているんだろ?

そんな疑問が芽生え、
我が家が経験した引っ越し経験が役に立てばなぁ…
なんで軽い気持ちで「引っ越しカテゴリー」を作ってみたものの
あまりペット連れの転勤族さんっていらっしゃらないんですね、
私の周りだけかな?

転勤族自体、
※ペットはいない家庭か
※転勤族に仲間入りして実家に預かってもらって?譲渡して?いない家庭
(海外赴任はあるケースかな?と思うけれど国内でこのケースは大体…預かりというか完全な譲渡なよう。
※会社の規定で転勤家庭はペットを飼ってはいけない(というケースがあるらしい、初耳でした。
※ペットは家族と一緒に異動するケース

あとは…
一番最悪な
※次の家はペット不可だから…捨てちゃうケース

正直、考えられない。
最悪。
生きているんだよ、物じゃないんだよ?

会社勤務だと
※家は自分で手当て範囲内から選んで法人契約(借り上げ社宅
※会社がある程度リストアップした中から選んで法人契約(借り上げ社宅
※会社指定の不動産屋さんから好きに選んで法人契約(借り上げ社宅
※個人で選んで、個人契約
※会社の持っている社宅に入居する。

このいずれかだと…
(官公庁は官舎か個人契約かな?
最後の社宅や官舎入居が一番ネックなんだろうけど…
赴任する都市にもよると思うけれど(東京は地価が高騰していますし
正直、交渉も出来るはず。

それを棄てる選択をする、って最初から飼うべきではないのでは?って思います。
ペット可能の物件は確かに少ない。
でも、あるよ!あったよ!

ウチが猫飼いだと知って言われることは
「えー!ペット可の物件ってあんまり無いし、あっても古いし、選択肢無いし、大変だね。折角、会社負担で格安でいい家に住めるチャンスなのに勿体無い。
だからウチは実家に任せた。実家預けたら?大変だし。でも、わたしは猫好き!」

またある日
「うちも子供に命の勉強をさせたくて動物飼いたいんだけどね、なかなかね」

価値観の違いなのかもしれないけれど、
家族だし、近くに居たし、離れたくないから、一緒に異動している。


いのちの勉強、賛成です。
でも最後まで責任を持って育ててね!!

命が大切なのは学んだ、次の家はペット不可だからお役御免です。

なんて、絶対止めてね!

責任取らず愛でる、本当に好きなんだろうか、そう思う日々です。

[PR]
by meifana | 2016-03-24 06:41 | 猫との引っ越し | Comments(0)

ニャンズとの生活、日々の出来事や思った感じた事などひっそりと綴っています。       


by meifana
画像一覧