出てきた伝票

気付けば12月、師走

お財布の整理整頓をしていたら、出てきた客注伝票。
某スーパーで某メーカーの芋けんぴ、取り扱いある?と聞いて、お取り寄せの可否をお願いした。

早11ヶ月
夏に番号を変えたので、半年は確実。
連絡来なかった。。

いつもならプチ切れ気味でお店に確認している、
けれども、
今年でこの地での暮らしは最後。
「こっちの人間はのんびりしているから」って言われて、私がせっかちなの??と悶々するのが常だった。

いくらなんでも、のんびりし過ぎ(苦笑

だから、これは何かの間違い手違いだと、どーにか、こーにか良いように思い直して待っていた、気長に。
と書いていて、地域とかじゃなく、対応した個人や組織の問題
だと思うけど。

経験から
1.完全に忘れられている
2.取り寄せ出来ないから、そのまま放置

この二択
そして答えは前者だと思う、経験から。
「2、3日後に連絡します」なんて言われれば良い方。
「担当者がいないから分からない」
「聞いてみないと分からない」
「私は知りません」
「もう一回担当者がいる日に電話して下さい」


2、3日後にちゃんと連絡が来れば感動して泣いちゃうかも!!
でも泣く展開にならないのよね。

殆どは1週間後に連絡が来るパターン

よく言えば、商売っ気が無い。
悪く言えば、やる気あるの?苛々いら

そんな事があって、先日も引越しの見積もりに来て貰った。
「2、3日後に見積もりの電話、書面で額を送りますね!」

もう2週間経過しましたけれど……??
きっと紙から作っているのね、見積書
もしかしたらお断りの意味?

腹は立たず、最後までこれかと呆れ、少しでも期待した私がおバカ

何も期待しない 
期待すればショックでもあるし、腹が立つもの。

こちらに来て1年目くらいで悟ったこと。

[PR]
by meifana | 2016-12-12 03:03 | 地方暮らし