人気ブログランキング |

転勤すると最初の1週間は必要なダンボールを開けたり、
転居届や役所手続き、
カーテン買ったり
地理を把握したり
2週間目はバテてぐったり
手探り、手探り

1ヶ月くらいからちょっと動き回る余裕も出たり
2ヶ月前くらいから急に孤独感に襲われたり
色んなショックが出てきたり

で、地域の集まりとか何かの集まりとかに行ってみたりする。

そこで出会う
なんかのビジネスしている人
例えば、お教室やメントレ系107.png
全く違う所で普通に居て連絡先交換したら、実は…なんて事も結構ある(あった)

ネガティブになりたくなくても、
さすがに以前と取り巻く環境や勝手が違うと落ち込むことが増え、ついつい悪い方向に考えてしまう時期

でもネガティブって悪いイメージがあるけど
要は慎重なだけ(だと思う)
無理にポジティブにならなくてもいいと、個人的には思った。
無理に合わす必要もなし。
合わないものは合わないんだ。開き直れー

そんな焦った時期に出会います。

でも、お講座系は主催者と生徒の1人になる訳で、本当の友達にはなれない(なれなかった)
内容に興味があれば行けばいい
ただ、友達探しには適していない。

お金の切れ目が縁の切れ目的な…
お講座に行かなくなったら付き合いが終わってしまう103.png


by meifana | 2019-01-18 00:20 | 地方暮らし回想

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by meifana | 2017-04-28 14:49 | 地方暮らし回想

なんて言いますか
人それぞれ相性はあるんでしょうけれど
異動前に調べに調べたネット情報や口コミとはちょっと違ったと言いますか。


気候、気温も人もそれほど暖かく(温かく)は無かった、、、
雪も降るよー



※あくまで私と家族の住んだ経験から。

旅行しただけだと、また違う印象でしょう
それは何処にも当てはまる。

by meifana | 2017-03-30 08:18 | 地方暮らし回想

もう昔だから書いてしまうけれど。

四国へ引っ越してから、
何年も慣れなかったし、馴染めないで居た。
数年経ったある日。
通っていたネイルサロンから紹介された。
曰く
いわゆる当たる人。
占いじゃなくて見える人
会ったらスッキリするし、顧客に政財界の人達が顧客、
1回2000円と聞いた。
安いしと料金にも惹かれたし、当たらなくても「ま!いっか」と思える金額も魅力だったので、行ってみた。

その見える人に会いに行った前日は雨降り。
整備されて居ない庭は泥濘んでいる上、車を停めるよう指示された場所は一段とグチャグチャで車輪がはまりそうな状態。

案の定、降りたら靴がグチャー…
建物の入口に辿り着いた時は靴は結構泥まみれ(気分が下がる)

そのお宅はとにかく寒くて
通された室内も寒い!
和室だったけど、部屋も寒い!

真冬に暖房が全く効いていない部屋に通されて、目の前には蛇口から出したお茶的な代わり的な水道水。
経験のない「おもてなし」に嫌な予感が増す…
(この直感は、あながち間違いでは無かったみたい

意地悪な私は見えるなら当てて貰おう!と名前、生年月日以外の情報を与えなかった。
質問は終の住処は何処になるか?

ここにずっと住める→転勤がある仕事で
それは会社の辞令が出た場所→それはどの辺り?東?西?
会社の人事担当を連れて来たら、分かる→……異動があるとしたら何時頃?
それは人事の人の生年月日や名前が分からない、と初めて会ったスピリチュアルカウンセラー言った。

「長く住める、暫く異動はないけれど
10年くらい経ったらご主人の職場が無くなり、今の職場に次の仕事を斡旋してもらえます」

他にも色々聞いてみたけれど、何1つ言い当てられなかった。

最後には叱責や人格や性格否定を容赦なく、、
「アナタは人にバカにされたり、嫌われたりする才能がある」を延々と。
根拠のない罵りをされて、結果、落ち込んだ。
精神ダメージは大大大大

鑑定料は、なんと1万円
ウチは10分2000円だから!とか、思いついたように言い放たれた。
はい?
スッキリどころか不愉快な気持ちしか残らなかった。

1回2千円と紹介されましたが?と聞くべきでしたが、余りの悪寒に似た寒さと気味の悪さでゴチャゴチャやり取りして長居するのも、本当イヤになり、早くその場を離れたい!と支払いました。


半年後に異動が決まり、
職場も無くならず、
斡旋もしてもらっていません 笑
信じて紹介して来られた人のエピソードを聞く限りは、やっぱり全く当たっていないの(°▽°)

全然見えてなくない?

よく考えたら
政財界関係者を相手にされていたら…
水道水をお茶代わりには出さない気がするの。
(少なくとも私は出さないもの

眉唾ものだった?騙された?!
世の中には想像もつかない色んな人がいる。
でも、もう同じタイプの人には巡り会いたくない〜

とにかくスピリチュアルなことを生業、商売にしている人は要注意。
高い授業料でした。
本当、土地との相性が悪いのかもしれないと思った出来事だった

by meifana | 2017-02-20 19:06 | 地方暮らし回想